トピックス

 

2001 / 2002 / 2003 / 2004 / 2005 / 2006 / 2007 / 2008 / 2009 / 2010

2011 / 2012 / 2013 / 2014 / 2015 / 2016 / 2017 / 2018 / 2019 / 2020

 

2020年

 

● 学会発表予定

3月25日〜28日に福岡にて開催される日本農芸化学会2020年度大会において、当研究室に関連する19題の発表があります。

  • 2B09a03 : 電気化学的解析による藍染液中のインジゴ測定
  • 2A16a06 : (R)-3-ヒドロキシ酪酸を(R)-1,3-ブタンジオールに変換する微生物の探索
  • 2A03a10 (P067) : 腸内細菌が産生する脂肪酸代謝産物のヒトiPS小腸モデルを用いた生理機能解明
  • 2A16a11 : レスベラトロールを基質とするアグリコンの複数水酸基への選択的配糖化反応の研究
  • 3A15a03 (P142) : Gordonibacter urolithinfaciens DSM27213における新規酵素エラグ酸ラクトナーゼの同定および機能解析
  • 3A15a04 : Gordonibacter urolithinfaciens DSM 27213におけるurolithin脱水酸化反応に関与する因子の解析
  • 3A15a05 : 水酸化脂肪酸10-hydroxy-cis-12-octadecenoic acidからオキソ脂肪酸10-oxo-cis-12-octadecenoic acidへの変換反応に有用な微生物の探索
  • 3A15a06 : ピリミジンの参加的代謝に関わる uracil-thymine dehydrogenase の特性解析
  • 3A15a09 : 腸内細菌による難消化性澱粉分解メカニズムの解明
  • 3A03a11 (P070) : HYA (10-hydroxy-cis-12-octadecenoic acid)の食品向け実用化開発
  • 3A10p08 : The microbial community in a multiple parallel mineralization system suppresses Fusarium oxysporum f.sp. lactucae on Lactuca sativa
  • 3A10p09 : 有機質肥料活用型養液栽培による生産物の品質及び棚もち評価
  • 4A10a03 : 有機養液栽培におけるバイオフィルム由来根部成長促進物質の活性評価
  • 4A10a02 : 硝化細菌のコロニー化に影響を与える培養条件の精査
  • 4A11a03 : 油糧糸状菌Mortierella alpinaの分子育種による遊離脂肪酸生産株のリピドーム解析
  • 4A10a04 : 有機養液栽培でみられた植物の根の形態的特徴
  • 4A11a04 : ラビリンチュラ類Aurantiochytrium sp. T7によるω3-ドコサペンタエン酸(DPA)の生産
  • 4A06a07 (P081) : γ-リノレン酸の乳酸菌代謝産物であるγKetoCは免疫抑制作用を有し皮膚炎を抑制する
  • 4A16a13 : Cellulosimicrobium funkei由来キサンチンオキシダーゼの機能解析

● 研究報告予定

3月7日に兵庫県西宮市にて開催される第459回ビタミンB研究協議会において小川 順 教授による研究報告『新規脂肪族アルコール脱水素酵素のバイオアルカン生産への応用』があります。


● 講演

2月17日に東京都にて開催された2019年度発酵と代謝研究会 講演会「未来を見据えたバイオの確かなうねり −バイオ戦略と低炭素・ゲノム/遺伝子・宇宙によりそうバイオテクノロジー」において、安藤晃規 助教による講演『宇宙農業・養殖の基盤となる窒素循環を制御する複合微生物デザイン』がありました。


 


 

2001 / 2002 / 2003 / 2004 / 2005 / 2006 / 2007 / 2008 / 2009 / 2010

2011 / 2012 / 2013 / 2014 / 2015 / 2016 / 2017 / 2018 / 2019 / 2020