トピックス

 

2001 / 2002 / 2003 / 2004 / 2005 / 2006 / 2007 / 2008 / 2009

2010 / 2011 / 2012 / 2013 / 2014 / 2015 / 2016 / 2017 / 2018 / 2019

 

2019年

 

● 学会発表予定

3月24日〜27日に東京にて開催される日本農芸化学会2018年度大会において、当研究室に関連する16題の発表があります。

 

また、シンポジウムにおいて小川 順 教授の講演『食品成分の腸内細菌代謝を介した健康制御』(4S22B6a5)と安藤晃規の講演『硝化菌の可培養化を基盤とする硝化複合微生物群のデザイン』(4S24A3a5)があります。

  • 1C7a06 : 油糧糸状菌Mortierella alpinaの漏出脂質プロテオーム解析と漏出株の創製
  • 1C3p06 : Artificial creation of disease suppressive soil by using media immobilized with the microbial ecosystem
  • 1C3p07 : 有機養液栽培に於ける根の成長促進物質の探索
  • 1C3p08 : Cobalt-dependent inhibition of nitrite oxidation in Nitrobacter winogradskyi
  • 1D7p13 : Rhodococcus wratislaviensis C31-06株の示すα-アミノイソ酪酸代謝の解析
  • 1D7p14 : Rhodococcus wratislaviensis C31-06株における新規α-アミノイソ酪酸代謝経路の全容解明
  • 1D7p15 : Rhodococcus wratislaviensis C31-06株由来の新規α-アミノイソ酪酸水酸化酵素の機能解析と応用
  • P093 1D7p14 : Rhodococcus wratislaviensis C31-06株の示すα-アミノイソ酪酸代謝の解析
  • 3D7a05 : リパーゼによる水酸化脂肪酸重合体の生産
  • 3D7a06 : Screening and functional analysis of a medium-chain fatty alcohol oxidative enzyme for microbial production of alkanes
  • 3D7a07 : 新規脂肪族アルコール脱水素酵素のバイオアルカン生産への応用
  • 3D8a10 : 藍染液中の電子伝達に関わる微生物・反応促進物質の探索
  • 3D7a13 : EPA酸化能を有する微生物の探索と反応条件の最適化
  • 3S18C6p5 : 土壌微生物を「デザイン」する・・・植物生長を最大化する基盤技術の登場
  • P089 3D7a06 : Screening and functional analysis of a medium-chain fatty alcohol oxidative enzyme for microbial production of alkanes
  • 4D1a06 : 糸状菌由来オレイン酸水和酵素遺伝子の機能解析

● 講演予定

2月21日に沖縄にて開催される第33回さんわかセミナー 「バイオ産業における産学官の現在と未来in沖縄」において岸野重信 准教授の講演『腸内細菌に特異な代謝と代謝産物の生理機能』があります。


● 学会発表

2月1日に名古屋市にて開催された第9回学際的脂質創生研究部会講演会において、当研究室に関連する2題の発表がありました。

  • ラビリンチュラ類によるω3ドコサペンタエン酸 (DPA) 生産
  • 腸内細菌が産生するヒドロキシ脂肪酸の消化管細胞における代謝と脂質代謝への影響

● 講演

1月31日に東京にて開催された「関西スマートセルフォーラム2018」第3回セミナーにおいて小川 順 教授の講演『酵素変換・微生物変換プロセス開発の現状と展望』がありました。


 


 

2001 / 2002 / 2003 / 2004 / 2005 / 2006 / 2007 / 2008 / 2009

2010 / 2011 / 2012 / 2013 / 2014 / 2015 / 2016 / 2017 / 2018 / 2019